誰でもできる!iphoneのバックアップの簡単な取り方とは?

iphone バックアップ 取り方

 

iphoneはアップデートをするときに調子が悪くなるときがあります。

 

そんなときはバックアップを取るのが効率が良いでしょう。

 

iphoneのバックアップには3種類の方法があります。それは「itunes」と「icloud」と「専用アプリ」です。

 

専用アプリでは、電話帳や写真、動画などに特化したバックアップになるので、別に用意しておいても問題はありません。

 

しかし、専用アプリを使わずともバックアップを作成することは可能です。

 

ここではメジャーな「itunes」と「icloud」を用いてバックアップの取り方を次項から解説していきます。

 

 

icloudは一番注目されている方法

 

iphone バックアップ 取り方

 

今まで、iphoneのバックアップ方法は次項で説明する「itunes」を通してでしか作成することができませんでした。

 

ところが、最近はクラウドシステムを採用することで、icloud上にバックアップデータを保存することができるようになったのです。

 

スポンサーリンク

 

icloudの一番の特徴は「iphone本体だけで良い」という利点です。

 

itunesではパソコンが身近になければ保存することができないのですが、icloudはwi-fi環境が整っている場所ならばどこでも操作することが可能です。

 

最近は、コンビニやホテル、レストランなどでwi-fiを使うことができるようになりましたので、そういった場所で素早くバックアップを作成できます。

 

iphone バックアップ 取り方

 

では、操作方法を見ていきましょう。まずは、iphoneのホーム画面を開きます。

 

そして「設定」>「icloud」とタップすると別画面が表示されるようになります。

 

その画面内に「ストレージとバックアップ」という項目がありますので、そこをタップします。

 

すると別画面がさらに表示されますので、「icloudバックアップ」というところを「オン」にすることで、バックアップを行う基本的な設定は完了しました。

 

ここからすぐに作成したい場合には、さらに画面下にある「いますぐバックアップを作成」をタップしましょう。

 

wi-fi環境であればすぐに作成するようになります。

 

 

itunesではパソコンが必要

 

iphone バックアップ 取り方

 

itunesでバックアップを作成するには、iphoneとパソコンをUSBでつなぎ、itunesを起動させる必要があります。

 

icloudに比べると少し手間がかかりますが、容量を特に気にすることなく保存することができるので、膨大な容量が必要な場合にはitunes経由でのバックアップを作成するのがよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

方法としては、まずパソコンを起動して、itunesを開きます。

 

その後iphoneとパソコンを繋げるとitunesのほうで操作をすることができます。

 

iphone バックアップ 取り方

 

画面上部にある「概要」から「いますぐバックアップ」をクリックするだけで、パソコン内部にバックアップファイルを作成することができます。

 

itunesではパソコンさえあれば、wi-fi環境などは必要ないので自分のタイミングで作成できるのがメリットです。