icloudを使ったiphoneのバックアップ方法

iphone バックアップ icloud

 

iphoneのバックアップはとても大事です。何かしらのトラブルに巻き込まれることが多く、データが消えたりして悲惨な目にあっているユーザーは多いようです。

 

iphoneデータをバックアップするには、従来はパソコンを使ってitunes経由からしかできませんでしたが、最近はicloudと呼ばれるクラウド上に保存できるようになりました。

 

今回は、icloudを使ったバックアップ方法について説明していきます。

 

 

icloudにバックアップをしておくメリット

 

iphone バックアップ icloud

 

icloudにバックアップを作成しておくことには、どんなメリットがあるのでしょうか?

 

たとえば出張や旅行などで自宅から離れており、その場所でiphoneが故障してしまった場合などは想定できますね。

 

パソコンが近くにない場合にワイヤレスで簡単にバックアップにアクセスでき、復元することができるのです。

 

スポンサーリンク

 

ただし、icloudでバックアップをする場合にはwi-fi環境がなければできません。

 

最近はホテルやコンビニでwi-fiを使うことができるようになってきているので、そうした場所を使うことができれば、icloudに簡単バックアップを取ることができるし復元もできるのです。

 

とても簡単に行うことができるのが、icloudのメリットといえるでしょう。

 

 

icloudでのバックアップ作成はとても簡単!

 

iphone バックアップ icloud

 

では、さっそくicloudでバックアップを作成する方法について説明していきます。

 

先ほども記述したとおりiphone本体があれば他に必要な機器はないのでとても便利です。

 

まずはバックアップするための設定をすませてしまいましょう。

 

iphoneのホーム画面から「設定」を開き「icloud」の項目をタップすると、別画面が表示されますのでそこから「ストレージとバックアップ」という項目を選びます。

 

スポンサーリンク

 

「ストレージとバックアップ」からバックアップに関する全ての項目を見ることができます。

 

この画面の下部にある「icloudバックアップ」というところを「オン」の状態に設定します。

 

たったこれだけで、icloud上にバックアップを作成することができるのです!

 

「オン」に設定したならばそのすぐ下に「いますぐバックアップを作成」という項目が登場しますので、そこをタップすればバックアップを作成することができます。

 

 

バックアップカスタマイズも可能!

 

iphone バックアップ icloud

 

icloudではバックアップする種類を自分で選択することができます。たとえばアプリデータは更新しなくても良いなと思ったならば、そのデータだけバックアップなしにできたりします。

 

icloudは5GBまで無料で保存できるのですが、オーバーすることも十分に考えられます。

 

バックアップする優先順位を考えて選ぶことで、容量オーバーを防ぐことができるのです。

 

ただし、5GBを超えてしまう人はかなり使い込んでいるか、音楽や動画、写真などのデータが膨大な場合にのみです。

 

そこまで使い込んでいない人は、5GBをオーバーすることはあまりないので、通常はカスタマイズは不要です。参考程度に覚えておいてください。

 

iphone バックアップ icloud

 

使い方としては、「ストレージとバックアップ」の項目にある「ストレージを管理」をタップします。

 

そしてカメラロールやアプリなどがずらりと並んでいるので、隣にある「オン」「オフ」切り替え場所をタップして選ぶことができます。