iphoneのバックアップファイルの場所を変更する方法

iphone バックアップ 場所 変更

 

iphoneを操作していると突然真っ暗になり操作不能に陥ってしまい焦った経験を持つ人は多いのではないでしょうか?

 

急速にユーザーを拡大しているiphoneですが、壊れやすい難点を持っています。

 

そのためバックアップを小まめにしておくことが求められます。

 

今でこそicloudという新しいバックアップ方法がありますが、それでもパソコンにファイルを作成し保存している人のほうが主流でしょう。

 

今回は、バックアップファイルが保存されている場所を説明し、移動させる方法などをご紹介していきます。

 

 

バックアップファイルには膨大な容量が必要

 

iphone バックアップ 場所 変更

 

iphoneをバックアップするためにはある程度の容量が必要になります。

 

もちろん、iphone内部データがどれだけあるのかによって、保存領域は変わってくるので一概には言えませんが、最低でも5GB程度は必要になるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

最近のパソコンは単体でもかなりの容量を保存できるので、ほとんどの場合困ることはないでしょう。

 

それでも、もしパソコン側に許容保存領域が足りないようでしたら、バックアップすることができないので、容量を減らすことが求められます。

 

iphone バックアップ 場所 変更

 

基本的にバックアップファイルはCドライブに保存されるので、「スタート」>「コンピュータ」>「Cコンピュータ」を右クリックし「プロパティ」を選択します。

 

そして「ディスクのクリーンアップ」を行えば、不要なファイルなどをキレイに取り除いてくれるので、容量を増やすことができます。

 

 

バックアップフォルダの場所はちょっとわかりにくい!

 

iphone バックアップ 場所 変更

 

iphoneのバックアップフォルダがパソコンのどこにあるのか分からない!という人も多いかもしれません。

 

itunesを使ってファイルを作成するのですが、そのときに保存先のアドレスが表示されます。

 

しかし、パソコンに詳しくない人がそれを見たところで、すぐに該当先の場所までたどり着けるかといえばちょっと難しいですよね。

 

スポンサーリンク

 

iphoneのバックアップフォルダは「C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync」に入っています。

 

ここでいう(ユーザー名)は個別に設定した名前(太郎や花子)などになりますので、そこを置き換えて検索かければ出てきます。

 

アドレスの最後にある「MobileSync」に「Backup」というフォルダがあるので、そこを開くとiphoneのバックアップファイルがズラリと入っています。

 

ついでにバックアップフォルダの容量を確認してみましょう。かなりの容量を必要としていることが分かると思います。

 

 

バックアップ場所を変更する方法

 

iphone バックアップ 場所 変更

 

では、バックアップ場所を変更させるにはどうしたら良いでしょうか?これはとても簡単です。

 

まずは空き容量が十分にある場所に「iphoneバックアップ」のような適当に名前をつけて作成します。

 

続いて、上記の項目で説明したように「C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync」の場所にあるバックアップファイルを全てコピーします。

 

最後に、新しく作成したファイルに「貼り付け」すれば完成です。

 

コピーが完了したならば元のファイルは削除してしまっても構いません。

 

パソコンにかなりの負担をかけているのですから残しておく必要もないでしょう。