iphoneのバックアップをitunesを使用して行う方法

iphone itunes バックアップ

 

iphoneを利用していると、急に動かなくなったり、電源が勝手に落ちたりする経験をしたことがあるかもしれません。

 

最悪の事態になるとデータが全て吹き飛んでいるなんてことも・・・。

 

そんな場合にはバックアップを取っておくことが望ましいのです。

 

今回はitunesを使ってパソコン上にiphoneのデータを送る方法をご紹介していきます。

 

 

itunesを最新バージョンに更新しよう

 

iphone itunes バックアップ

 

iphone内のデータをパソコン上にバックアップするには「itunes」を起動しておく必要があります。

 

あまりパソコンで操作をしない人は、もしかしたらitunesの更新ができておらず、古いバージョンのまま使っている可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

iphone内部データをバックアップするには、itunesを最新バージョンに更新しておかなければならないので、まずはitunesの設定から行っていきましょう。

 

iphone itunes バックアップ

 

と言ってもやり方はとても簡単です。

 

パソコンを起動させ、itunesを開き、iphoneとパソコンをUSBに繋ぎます。もしitunesが古いバージョンだった場合には自動的に「更新しますか?」というメッセージが表示されるので、「はい」を選択すれば勝手に更新してくれます。

 

何か特殊な操作などは一切いりませんので、itunesが最新バージョンになっているか確認しておきましょう。

 

 

バックアップ自動作成という手段も

 

iphone itunes バックアップ

 

iphoneでは写真や動画、音楽などのデータが日に日に蓄積されていくでしょう。

 

いちいちそれらを毎回バックアップしているのは正直メンドウですよね。

 

そこで、iphoneには便利な機能がついていて「itunesとの接続が確認されたならば、自動的にバックアップ」してくれるのです。

 

この設定を有効にしておけば、毎回のバックアップ作業を削減することができるので、手軽にバックアップを取ることができるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

方法はとても簡単で、パソコンでの操作になります。

 

まずはitunesを開き、「メニュー」から「バックアップ」をクリックします。

 

すると「このコンピューターにバックアップを作成」という項目があるので、そこにレ点をつけます。

 

こうすることで、次回からitunesと繋がった時点で自動的にバックアップできるので覚えて損はないです。

 

手動でバックアップをする場合には「itunes」のメニューから「バックアップ」を選択するだけで自動的にバックアップを開始してくれます。

 

完了までに時間がかかるので、iphoneを外さないように注意しましょう。

 

 

アプリはバックアップできない!

 

iphone itunes バックアップ

 

itunesを使ってパソコン上にバックアップする場合には、アプリ本体をバックアップすることはできません。

 

データが吹き飛んで出荷状態にまで初期化された場合には、itunesを使って同期することで、今まで使っていたアプリを取り入れることができます。

 

iphoneのバックアップは万が一のときに非常に役に立ちます。

 

必ずするべきではありませんが、困ったときに助けてくれるでしょう。