iphoneのメールを簡単にバックアップする方法

iphone メール バックアップ

 

iphoneでは通常のメールだけではなく、LINEのようなメールを送ることができます。

 

それらはガラケーの時に比べて非常に使いやすく便利になっています。

 

iphoneでの大事なメールなどをバックアップする方法について今回はご紹介していきます。

 

大事な情報ほど長く保存しておきたいものですから、しっかりと覚えておきましょう。

 

 

メールをバックアップする3つの方法

 

iphone メール バックアップ

 

iphone内部のメールをバックアップ(外部へ保存)するには、大きく分けて3つの方法が存在します。

 

それは「アプリ」と「icloud」と「itunes」になります。これらを用いることで、iphone内部のデータを保存することができるのです。

 

どれが一番かといわれれば難しく、自分に合うものを選ぶのが良いでしょう。

 

ここでは3つの方法を簡単にですが説明していきます。

 

 

アプリを使う

 

iphone メール バックアップ

 

iphoneにおけるメールデータをパソコン等に送ることができます。

 

これはパソコンを使って「CopyTrans Contacts」をダウンロードする必要があります。

 

インストールまで終わったら起動して、iphoneをパソコンに接続させます。

 

すると、プログラムが自動的にiphoneを読み取ってくれますので、画面左上にある「メール」アイコンをクリックし、メールの種類(SMSやiMなど)を選びます。そして誰とのやりとりなのかを選択することで、メールを特定します。

 

スポンサーリンク

 

そこまで出来たらあとは形式(ExcelやHTML)を選択し保存すれば完了です。

 

それを今度は、iphoneへ送ればいつでもメールを確認することができるのです。バックアップができる簡単なソフトとしてフリーで公開されています。

 

 

icloudを使う

 

iphone メール バックアップ

 

iphone内のメール情報は、icloudを使えば簡単にバックアップできます。

 

icloudはwi-fi環境が必要ですが、それが整っていれば5GBの容量以内であればバックアップが可能です。

 

パソコンなどは必要なく、手軽にできるので初心者にオススメな方法です。

 

まずはiphoneホーム画面を開き「設定」>「icloud」>「ストレージとバックアップ」の順番でタップしていき「icloudバックアップ」をオンにします。

 

スポンサーリンク

 

そしたら「いますぐバックアップを作成」をタップできるようになるので、選択しましょう。

 

ちょっと時間はかかりますが、これでメールのバックアップができます。

 

 

itunesを使う

 

iphone メール バックアップ

 

パソコンを使ってitunes経由でバックアップさせる方法について説明していきます。

 

icloudと違って、パソコンが必要ですがwi-fi環境じゃなくてもバックアップできますし、そこまで容量を気にしなくていいのが利点です。

 

まずはitunesを最新バージョンにしておきます。そして「iphoneとの自動同期をオフ」に必ずしておきましょう。

 

ここまで出来たらiphoneをパソコンに接続します。

 

するとitunesが自動で読み取ってくれるので、「いますぐバックアップを作成」の項目が出現したらクリックを押すことで、すぐにバックアップをしてくれます。