iphoneの不要なバックアップを削除する方法

iphone バックアップ 削除

 

iphoneでは二通りのバックアップ方法があります。「itunes」を使ってパソコンに保存するタイプと「icloud」を使ってクラウド上に保存する方法です。

 

どちらもメリットがあるので、自分に合うやり方を選択するのがよいでしょう。

 

ただ、どちらにもいえることですがバックアップを何重にもしてしまうと、それだけで容量が増えてしまい動作が重くなったり、icloudの場合には無料容量をすぐにオーバーしちゃうことも考えられます。

 

そこで、iphoneのバックアップは定期的に削除しておくことが望ましいのです。

 

 

itunesから簡単に削除できる

 

iphone バックアップ 削除

 

iphoneは便利な反面、ちょっとしたことですぐに動きが止まってしまったり、内部データが消去されてしまうなんてことが発生します。

 

バックアップを常に作成しているならば安心できますが、そうでない人はヒヤヒヤものでしょう・・・。

 

スポンサーリンク

 

かといってバックアップを何個も作成しておくのも効率が悪いです。

 

パソコン内部に作成している場合には、itunesを使うことで簡単に削除することができます。

 

iphone バックアップ 削除

 

方法はとても簡単で、まずはパソコンを起動させitunesを開きます。

 

そしてitunesの「環境設定」をクリックし「デバイス」>「デバイスのバックアップ」の順番に選択していきます。

 

何個も作成している人は、「デバイスのバックアップ」項目欄に複数のアイテムがあるでしょう。

 

古い日付から削除していくことで間違いを防ぐことができます。

 

もし、ここに一つしかなかった場合には、せっかくならそれも削除して新しく最新の状態のバックアップを作成するようにしておきましょう。

 

一番右側には最終更新時間が記されているので、その日付も参考にしておきましょう。

 

 

iphone本体からでも簡単に削除できる

 

iphone バックアップ 削除

 

icloudの特徴はなんといっても「手軽にバックアップできる」ことにあります。

 

itunesではパソコンが近くになければ保存することができませんでした。

 

ところが、icloudではiphone本体があれば問題なくバックアップを行うことができるようになるのです。

 

スポンサーリンク

 

しかし、古いバージョンのバックアップをいつまでもicloud内に残しておくと、いざという時にできなくなってしまう可能性もあります。

 

いつでも十分な容量を確保しておくことが望ましいでしょう。

 

それにはバックアップの削除が求められるので、その方法についてここで説明をしていきます。

 

iphone バックアップ 削除

 

といっても、icloudからバックアップを削除するのはとても簡単で、まずはiphoneホーム画面から「設定アプリ」>「icloud」>「ストレーズとバックアップ」>「容量を管理」の順番にタップしていきます。

 

「容量を管理」画面に移動すると、保存したファイルが出てくるので、そこで不要だなと感じるものを選択して「バックアップを削除」をタップしましょう。

 

これで削除することができます。