iPhoneをパソコンにバックアップさせるオススメ方法

iPhone バックアップ パソコン

 

iphoneはとても便利ですね。仕事やプライベートでも活躍しているので手放すことができない人も多いのではないでしょうか?

 

だからこそ、万が一のことが発生しデータが吹き飛んだら悲しくなりますね。

 

そんなことが発生してもいいように、常日頃からバックアップをしておくことが必要です。

 

パソコンにiphoneデータを保存することができれば、とても安心することができますね。

 

今回は、パソコンにバックアップを作成させる方法についてご紹介していきます。

 

 

基本的なバックアップ方法

 

iPhone バックアップ パソコン

 

iphoneのバックアップにはitunesを使ってパソコンへ保存する方法と、icloudを使ってクラウド上へ保存する方法があります。

 

icloudは手軽ですが、5GBの容量しかないだけでなく、アプリ本体のバックアップができません。

 

itunesならばパソコンを使う手間がありますが、アプリ本体までバックアップ対象になるので、比較的忠実に保存してくれるというメリットがあります。

 

スポンサーリンク

 

itunesが自動的に保存をしてくれるので、使用者は項目に沿って選択をしていくだけでいいので、あまりパソコン等が詳しくない人でもできるのも魅力的です。

 

では、itunesを使ってiphoneデータをバックアップする方法について紹介していきます。

 

iPhone バックアップ パソコン

 

まずは、itunesを最新の状態に更新しましょう。itunesが最新バージョンでないとエラーが発生しうまくバックアップ作業を進めることができません。

 

次に行うのは「iphoneとの自動同期をオフ」という項目を選択しておくことです。

 

こうしないと、iphoneとパソコンが接続された時点で自動的に同期されてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

故障したiphoneと同期されてしまってはたまったものではありません。必ずオフにしておきましょう。

 

ここまで出来たら、iphoneとパソコンを繋ぎます。itunesが自動的に読み取ってくれますので、itunes画面にある「iphone」をクリックします。

 

すると画面が切り替わり画面内に「いますぐバックアップを作成」という項目が出現するので、それをクリックします。

 

このステップだけで、パソコンにiphoneデータが保存されます。

 

 

写真だけをパソコンにバックアップする場合

 

iPhone バックアップ パソコン

 

上記の項目では、iphone内部の全データを対象にした大規模なバックアップを説明しました。

 

ここでは、カメラロール内だけのデータをパソコンに保存する方法について紹介します。

 

バックアップと一言いっても色々な方法があります。カメラロール内データだけを保存したい場合には、itunesを使わずにできます。

 

iPhone バックアップ パソコン

 

まずはiphoneとパソコンを接続します。パソコンの「スタートメニュー」から「コンピュータ」を選び「スキャナとカメラ」を選択し「iphone、ipad」をクリックしていきます。

 

そうするとフォルダの中にはカメラロール内のデータがズラリと並んでいますので、バックアップしたい情報を自分で選んで任意で作成したパソコン上のフォルダにコピーさせることができます。

 

このステップを繰り返すことで、パソコンへデータの保存(バックアップ)が可能となるのです。