iphoneを簡単にバックアップする2種類の方法

iphone バックアップ 方法

 

iphoneをバックアップ。重要なのは分かっているけど、忙しいし少し面倒だから後回しにしちゃっている人は多いのではないでしょうか?

 

確かに小まめにバックアップするのはちょっと大変です。

 

ただ、万が一のときを想定するならばしっかりと外部にデータを保存しておくべきです。

 

そこで今回は、iphoneをバックアップする簡単な方法をご紹介したいと思います。

 

なおここで紹介する方法ではMacパソコンを使うことを想定しています。

 

windowsでも操作方法はほとんど一緒なので、特に混乱することはないので一緒に参考にしてみてくださいね!

 

 

2種類のバックアップ方法を活用しよう

 

iphone バックアップ 方法

 

iphoneデータをバックアップするには「itunes」と「icloud」を使って行うことができます。

 

どちらもメリットやデメリットがあるので自分に合う方法で使ってみるのが良いでしょう。

 

itunesはパソコン上にデータを保存し、itunesを経由してバックアップを取ります。

 

そのためパソコンがなければ行うことができませんし、いちいちUSBでiphoneを繋ぐ手間が必要です。

 

一方のicloudはiphone本体があれば問題なくバックアップできるのでとても手軽です。

 

ただしwi-fi環境がなければ出来ませんし、保存容量がちょっと物足りないので、オーバーする場合にはバックアップすることができません。

 

 

itunes

 

iphone バックアップ 方法

 

最初に紹介する方法はパソコン上に保存する方法です。

 

冒頭でも説明したように、ここではMacパソコンでの操作方法になりますので、windows版とはちょっと違うところに注意してください。

 

まずはバックアップするための環境設定を行います。パソコンを起動させitunesを開きます。

 

画面左上の「itunes」を選択し「環境設定」をクリックします。そして上部にある「デバイス」選択すると別画面に切り替わります。

 

ここから「自動的に同期しない」にレ点つけます。

 

復元したいのに、初期状態が同期されバックアップの意味が無くなってしまうのを未然に防ぐ狙いがココにあります。

 

iphone バックアップ 方法

 

ここまで出来たら、iphoneをパソコンに接続します。するとitunesが自動的に読み取ってくれるので、読み取りが完了するまで少し待ちます。

 

itunesがiphoneを読み取ったら、画面上部の「概要」を選んで「バックアップ」欄にある「このコンピュータ」を選択します。そしてすぐ右にある「今すぐバックアップ」をクリックするのです。こうすることでパソコン上にデータを保存することができます!

 

 

icloud

 

iphone バックアップ 方法

 

次に紹介するのはicloudを使った方法になります。この機能を使うには、初期設定をしておく必要があります。

 

まずはiphoneホーム画面から「設定」をタップします。

 

そこから「icloud」を選択してApple IDとパスワードを入力します。

 

忘れてしまった場合には画面下部にリンクがあるので、そこをタップすることでヘルプセンターに通じますので、そこから確認しましょう。

 

ログインが完了したならば「ストレージとバックアップ」をタップして「icloudバックアップ」を選択します。

 

すると画面が切り替わり「今すぐバックアップを作成」の項目をタップすることで簡単に保存することができます。

 

icloudの容量は5GBまでは無料ですが、それ以上は有料になるので注意が必要です。

 

あまりデータがないのであれば、5GBでもほとんど問題はないとは思いますが・・・。