iphone内にあるデータをバックアップする方法

iphone データ バックアップ 方法

 

iphoneでは高速インターネットが実現したので、気軽に音楽や動画などを楽しむことができます。

 

さらに写真の画質も向上しているのでデジカメ代わりとして旅行先で大活躍していることでしょう。

 

すると、iphone内には大量のデータが溜まってくるのでバックアップをする必要が出てくるかもしれません。

 

今回は、iphone内データをバックアップする方法について説明していきます。

 

 

バックアップ方法には大きく分けて2つある

 

iphone データ バックアップ 方法

 

iphone内のデータをバックアップするには2つの方法があります。それは「icloud」と「itunes」です。

 

手軽さでいえば「icloud」ですが、大量のデータをバックアップさせたいのであれば「itunes」経由でパソコンにデータを保存させるのが望ましいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

容量が大きければ大きいほど時間がかかりますし、icloudは5GBしか無料スペースがありません

 

今回は二つの方法を紹介しますが、どちらを選ぶかは自分と相談して決めるようにしましょう。

 

 

icloudを使ってバックアップする

 

iphone データ バックアップ 方法

 

iphoneのデータをバックアップするのに注目されているのがicloudです。これはクラウド上にデータを保存するので、出荷状態に戻ってしまったiphoneであっても、IDとパスワードさえ入力すればアクセスすることができ、そこから復元を行うことができるのです。

 

前項で少し触れましたが、1人に割り振られている保存領域は5GBまでとなっています。

 

それ以上を希望ならば契約して有料で増やすことになるのです。

 

そのため、iphone内データが膨大だった場合には、icloudは逆に不便になるかもしれませんので、注意してください。

 

スポンサーリンク

 

では、icloudでバックアップする方法を紹介します。

 

まずはiphoneのホーム画面を開き「設定」>「icloud」と入力します。

 

そして「ストレージとバックアップ」という項目があるので、それをタップしオンにします。

 

ここまで出来たら「いますぐバックアップを作成」をタップすれば自動的にバックアップをしてくれます。ただし、icloudはwi-fi環境でなければできないので覚えておきましょう。

 

 

itunesではパソコン内にデータを保存する

 

iphone データ バックアップ 方法

 

icloudではiphone本体だけで簡単にバックアップできるのですが、容量や通信環境の問題で不便に感じる人もいるでしょう。

 

そこで、そのふたつが特に気にならない方法としてitunes経由でパソコンにバックアップする方法を紹介します。

 

まずは、itunesを最新の状態にしておきましょう。また「自動同期をオフ」にレ点を付けることを忘れずに。

 

iphone データ バックアップ 方法

 

そこまで出来たらiphoneとパソコンを繋ぎます。

 

itunesを起動すると「iphone」という項目が出現するのでそれをクリックします。

 

そして画面内にある「いますぐバックアップを作成」をクリックすれば、それだけでバックアップをしてくれるのです。