iPhoneのアップデート中にフリーズした場合の対処方法

iPhone アップデート フリーズ 対処方法

 

iphoneはとても便利なもので、毎日の生活で欠かすことができないと考えている人は多いのではないでしょうか?

 

音楽の音質も文句がないので、お気に入りの音楽を聴きながら出勤や通学する人も多いようです。

 

スポンサーリンク

 

そんなiphoneですが、新しいiOSなどへのアップデートがちょくちょく行われています。

 

それ自体は決して珍しいことではありませんし、操作も簡単に行うことができるのですが、中にはフリーズして動かなくなってしまうこともあるようです。

 

どんなときにその現象が発生するのでしょうか?調べてみることにしました。

 

 

フリーズした場合、2種類のアップデート方法

 

iPhone アップデート フリーズ 対処方法

 

iphoneのアップデートは操作に不慣れな高齢者や初心者でも簡単に行えるように、簡素化されています。

 

ちょっとした操作で自動的にアップデートしてくれるので一度覚えてしまえば何も考えることなく動かすことができるので、それはそれはビックリするくらい便利なのです。

 

ただiphoneのアップデートがフリーズするなどに理由で失敗してしまうことが、全世界で報告されています。

 

これは日本に限ったことでないことからも、地域的な通信環境の問題ではなさそうです。

 

フリーズしてしまったら、ユーザー側としてはどうすることもできないので、違う選択をするしかありません。

 

スポンサーリンク

 

iphoneのアップデートではこのような事態に備えて2種類のアップデート方法が用意されています。

 

手軽にできるiphone本体で行うアップデートを主に使っている人が多いでしょうが、それでフリーズしてしまう場合が多いようです。

 

そこで、違うアップデート方法を試してみましょう。

 

それが「パソコンでitunes経由でアップデート」するものです。

 

iphoneをパソコンに接続することで、自動的にitunesがアップデート情報を読み取り更新がスタートします。

 

こちらも操作はとても簡単なので誰でも実践することができるでしょう。

 

 

フリーズする原因はまだ分かっていない…

 

iPhone アップデート フリーズ 対処方法

 

残念ながら、iphoneがアップデート中に何故フリーズするのかは詳しいことが分かっていません。

 

もしフリーズしてしまったら、電源を落として再起動などの操作をしてあげましょう。

 

もしかしたら、データが吹き飛んでしまっている可能性があるので、事前にバックアップをすることも重要です。

 

フリーズする理由が分からない以上、そうなってしまっても問題ないように、こちら側が行動してあげるしかありません。

 

iphoneはとても便利ですが、精密機器であることをしっかりと把握しておくことで、iphoneのアップデートでフリーズしても慌てることなく対処できるでしょう。

 

 

iphoneにおけるアップデートでの問題はいたるところで報告されています。

 

アップル側もそれは理解をしているようで、フリーズしたときの操作方法なども回答として載せています。

 

どうしても治らない場合には、いちどサポートセンターに相談してみるのも良いかもしれません。