iPhoneでLINEのトーク履歴をバックアップする方法

iPhone バックアップ LINE

 

クローズド系SNSとして世界中で大人気になっているのがLINEですね。

 

機種変更したときにはアカウントはそのまま残りますが、友達とのトーク履歴などは引き継ぐことができません。

 

そのため、大切な履歴などはバックアップをして新しいiphoneでも確認できるようにしておくようにしましょう。

 

その方法についてご紹介します。

 

 

LINEの履歴を引き継ぐ方法

 

iPhone バックアップ LINE

 

今回ご紹介する方法は、LINEにおいても「自己責任で」と言われている方法です。

 

公式に認められているものではないので、完全に履歴をバックアップできるものではありませんことを予めご理解お願いします。

 

この方法ではパソコンを使って行います。

 

itunesで通常のバックアップを取ってもらい、機種変更した新しいiphoneで復元させてあげればLINE内のトーク履歴などを引き継ぐことができるようになっています。

 

スポンサーリンク

 

それではちょっと難しいですが、引継ぎ方法について説明していきます。

 

まずは、itunesを最新バージョンに更新しましょう。そしてitunesのメニューとサイドバーを開くようにします。

 

表示させるには左上の四角いメニューから「メニューバー」の表示を選び、「サイドバーを表示」をクリックすれば開きます。

 

iPhone バックアップ LINE

 

旧iphoneとパソコンをUSBでつなぎ、バックアップを行います。

 

この際に必ず「iphoneのバックアップを暗号化」にチェックマークをつけておきましょう。

 

すると任意でパスワードを求められるので、覚えられるパスワードを設定しておきます。

 

そして「いますぐバックアップ」をクリックして、バックアップを開始させます。完了したら、iphoneを外し、新しいiphoneを接続させます。

 

そして「このバックアップから復元」をクリックし任意で入力したパスワードを入れると復元が開始されます。

 

復元が完了されると、LINEのトーク履歴なども元通りになっていますが、失敗することもあるのでちょっと確証が持てない方法です。

 

 

ソフトを使ってLINE履歴をバックアップ

 

iPhone バックアップ LINE

 

こちらもパソコンが必要になりますが、LINEのトーク履歴をHTML形式などで保存し、それをメールなどでパソコンに転送します。

 

そしてパソコンからいつでも履歴を閲覧できるような方法もあります。

 

スポンサーリンク

 

それは「CopyTrans Contacts」と呼ばれるフリーソフトです。

 

インストールが完了したら、このプログラムを起動し、iphoneをパソコンに接続します。

 

するとプログラムが自動的にiphoneを読み取ってくれ、その画面から「LINE」をクリックします。

 

iPhone バックアップ LINE

 

履歴をバックアップしたい友達を選択すると、LINEのトーク履歴が画面に表示されます。

 

それを確認したら画面左上の「選択した項目をエクスポート」をクリックし「HTML形式」を選択します。

 

それをパソコン内の任意のところに保存することで、いつでも見ることができるのです。

 

もちろんメールとして転送すれば、iphoneからでも確認できます。

 

限定的なバックアップにはなりますが、LINEのトーク履歴を保存させることができる便利なソフトです。