iphoneをアップデートする前のバックアップの必要性

iphone アップデート前 バックアップ

 

iphoneはとても便利な道具ですね。写真アプリの性能も向上しているので、デジカメ代わりとして利用する人はとても多いでしょう。

 

それだけ普段の生活に密接に関係している道具となっています。

 

スポンサーリンク

 

そんなiphoneですが、アップデートが度々発生します。

 

正常に終了すればよいですが、中にはエラーが発生し故障してしまうこともあります。

 

万が一のことを考え、アップデートする前にはかならずバックアップを取ることが必要です。

 

今回は、iphoneのアップデートをするにあたってバックアップを取る意味と、その操作方法についてご紹介していきます。

 

 

アップデート前のバックアップはどうして必要なのか?

 

iphone アップデート前 バックアップ

 

「バックアップが必要なんて機会はそうそうない」と感じている人も多いかもしれません。

 

確かに日常生活で普通にiphoneを使う場合には、必要だと感じることは少ないでしょう。

 

それだけ丈夫になりましたし、iphoneにすぐにエラーが発生するなんてこともなくなったからです。

 

しかし、アップデートという大規模な作業を行う場合には話が別です。

 

下手したら数時間ほど更新に時間がかかることがありますし、その間iphoneは操作不能になります。

 

正常に終了すればよいですが、万が一エラーが発生して故障してしまったらどうしますか?再起動をかけたら、内部データがすべて破損していたなんてことは容易に想像できます。

 

スポンサーリンク

 

今までiphoneに保存してきた音楽データや写真、動画、そして大切な情報が登録されている電話帳。

 

このような機能がすべて失われたら唖然としてしまい、日常生活に支障をきたす恐れがあります。

 

そうなってしまっても良いようにバックアップという選択肢が残されています。

 

iphoneをアップデートする前には必ずバックアップすることを忘れないようにしましょう。

 

 

バックアップには2種類の方法がある

 

iphone アップデート前 バックアップ

 

では、アップデートをするのに必要なバックアップ方法ですが、どういった操作になってくるのでしょうか?

 

まず、バックアップ方法は2種類あります。

 

それはitunesを使うのとicloudを使う方法になります。これらを利用することによって、バックアップは操作が不慣れな初心者でも安心して利用することができます。

 

ただし、注意点として、itunes経由の場合はパソコンを持っていなければなりませんし、icloud経由の場合はwi-fi環境が必要で、容量は5GBまでと決められています。

 

どちらも短所があるのでどちらが自分にとって便利なのかを見極めるのが重要でしょう。

 

 

iphoneのバックアップは必ず成功するという保証がありません。

 

最適化という機能も一緒に操作することになるので、とても複雑な作業になっています。

 

そこでバックアップをすることは万が一に備えるために非常に重要であることが言われています。

 

特に、大切な情報などを失いたくない人や、写真など思い出がつまったものを無くすことができない人などは一度、アップデートする前にバックアップをするようにしましょう。