iphoneのアップデートにかかる時間を早くする方法

iphone アップデート 時間

 

iphoneは度々アップデートがあります。

 

これは新しいiOSが出たりなど重要なインストールもあれば、簡単な部分の修正パッチなどが用意されることもあり、何回か遭遇することがあるかもしれません。

 

スポンサーリンク

それも事前に連絡などは無く、急にくるので中々忙しくてアップデートできないなんて考えてしまう人もいるかもしれません。

 

では、どれくらい時間が必要となっているのでしょうか?それを早くする方法なんてものはあるのでしょうか。

 

 

使用環境によってアップデートの時間は変わる

 

iphone アップデート 時間

 

iOSなどのメジャーアップデートでは以前の環境で使ってたアプリい互換性を持たせるための「最適化」が行われます。

 

iphoneにおける新しいiOSになったとしても、アプリなどは従来どおり使えるようにするためのものです。

 

実は、アップデート自体にかかる時間は20分程度なのですが、この最適化でものすごい時間がかかります。

 

iphone内にあまり動画や写真、アプリなどを取得していないのであれば、最適化する容量もあまり無いので、そこまで時間がかからずに終了することはありますが、大きな容量を必要とするアプリや、動画や画像などを一杯まで保存しているなどの場合は、数時間アップデートに必要・・・なんてことも想像できます。

 

スポンサーリンク

 

iphoneの使用環境によってアップデート完了までにかかる時間の長さが変わってくることを把握しておかなければなりません。

 

それが分かっていればすぐにでも行動を開始することができるようになるハズなので、アップデートする前に行うべき簡単な方法について次項から解説していきます。

 

iphoneでそれを実践すれば最適化する情報量を減らすことに繋がるので、思っていた以上にアップデートに時間を取られずに済むのです。

 

 

不要なデータを減らすと早くなる

 

iphone アップデート 時間

 

アップデートする時に発生する最適化が、アップデートの時間を大幅に引き延ばしていることが判明しました。

 

では、それをできるだけ減らすにはどうしたら良いのでしょうか?それには、不要なアプリや動画、音楽データなどを削除することです。

 

それができれば、アップデートにかかる時間というのは大幅に削減することができますので、自分のタイミングで行うことができます。

 

ただ、断拾離する前に必ずitunes経由でバックアップを作成しておくようにしましょう。

 

万が一アップデートでデータが削除されてしまう可能性を防ぐだけでなく、謝って削除してしまってもいいようにする保険目的もあります。

 

またバックアップを作成してから、ほとんどのデータを削除し、アップデートが終了したら再度バックアップファイルを復元するという方法もありますが、このときにどっちにしろ最適化が行われるので時間的にはあまり変化がありません。

 

 

iphoneのアップデートにかかる時間は使用環境によって異なることが分かりました。

 

iphoneをもっと楽しみたいと考えている人は、アップデート時の負担を軽減させることで、iphoneを便利に活用できるでしょう。