iphoneのアップデートが失敗する理由とは?

iphone アップデート 失敗 理由

 

iphoneは非常に便利な機能がたくさんついていますよね。

 

どれを使っても操作性は抜群で不満に感じるところも少ないので、満足感を得られます。

 

そんなiphoneですがアップデートをすることがあります。

 

新しいiOSなどへのメジャーアップデートは大掛かりな作業になるので、バックアップを取っておくなどの配慮が求められることもあります。

 

スポンサーリンク

 

しかし、iphoneのアップデートが失敗してしまうこともあるようです。

 

何故失敗してしまうのでしょうか?その理由について探っていきます。

 

 

外部からの衝撃などが原因で失敗することも

 

iphone アップデート 失敗 理由

 

iphoneのアップデートは気軽に行われるものではありません

 

数十分から長い場合には数時間に渡って更新していくので、その最中は操作することが不能になります。

 

電車に乗っている間やバスの待ち時間などに更新をするほど手軽なものではないことをまずは知っておきましょう。

 

たとえば仕事中はiphoneを操作することができないから、その間にアップデートしておこうと思っても、かなりの時間を更新作業で使うので、電源供給していなければバッテリー残量が無くなり、アップデートに失敗することがあるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

できればアップデートは電源供給ができる環境で行うのがベストです。

 

最近は、パソコンの電気を使って充電できるようにもなっていますのでその方法で行うこともできますが、資料がiphoneに直撃してしまったり、物が落下してしまうなど外部からのリスクも考えられます。

 

そうした衝撃がアップデート中に起こってしまうと、予期せぬエラーが発生して失敗することもあるばかりか、内部データの一部もしくは全てが消去してしまう可能性もあり、大変危険です。

 

外部からの衝撃が発生しないような場所で安全にiphoneのアップデートをすることが大切です。

 

 

iphone内部が破損している可能性も…

 

iphone アップデート 失敗 理由

 

アップデートをしていて、いつも失敗に終わる場合には様々な原因が考えられます。

 

電源供給が出来ておらずに電源不足で失敗するのか、それとも毎回同じ場所まで更新できるのに、それ以降進まずにフリーズしてしまうのか。

 

これらの理由によって、対処方法が違ってきます。

 

電源に関しては上記でも説明したので省略するとして、いつも同じ場所で更新が進まない場合には、一度サポートセンターに相談してみるのが良いでしょう。

 

iphoneの内部が破損している可能性があるので、出荷状態にまで初期化すると改善できる可能性があります。

 

iphoneのアップデート中に発生する予期せぬ失敗は、なんで失敗するのかを考えることで、その次の対処がしやすくなります。

 

今回は失敗する理由の中でも比較的起こりやすいものをピックアップして紹介しました。

 

iphoneは精密機器ですから、取り扱いには十分に注意する必要があり、アップデートも同様に安全な場所で行うことが求められます。

 

それでも、iphoneのアップデートはすんなりと終わりたいものですね。