iphoneのアップデート中にデータ消失した場合の対処法

iphone アップデート データ消失

 

iphoneでは度々iOSのバージョンアップに伴いアップデートをすることがあります。

 

これは大幅な更新作業になるので、ユーザーの使用状況によってはアップデート完了するのに数時間必要なケースもあります。

 

そんなアップデートですが、スムーズに終了することなく不具合等によりエラーが発生することがあります。

 

そんな中、エラーによりデータが消去されてしまう恐れも出てきました。

 

スポンサーリンク

 

iphoneのアップデート時にデータが消えるなんてことに遭遇したら、頭が真っ白になるかもしれません。

 

しかし実際の報告で上がってきているので、現実となってしまった不運なユーザーがいることを把握しておく必要があるでしょう。

 

では、どういったときにデータが消えるのでしょうか?

 

iphone アップデート データ消失

 

iphoneのアップデート中にデータが消えるトラブルで一番多いのが「リカバリーモード」に突然切り替わったことです。このリカバリーモードは、iphoneの深刻なエラーが発生したときに、初期状態に戻してくれる最終手段です。

 

この状態になったら、電源を落とすこともできず、勝手に初期化されてしまうので、中身が全て消えてしまうということになります。

 

スポンサーリンク

何故、突然リカバリーモードになるのかは不明ですが、こうなってしまったらユーザーが何かできるワケではありませんので、初期化されるのを待つしかないのです。

 

そして終わったら復元をするしかないでしょう。

 

iphoneのアップデートは数時間かかることもあります。その間、iphoneは操作できないので、安全な場所で行う必要があります。

 

アップデート中にiphoneを落としてしまったり、衝撃を与えるようなことをしてしまうと、エラーによりデータが消去されてしまうことがあります。

 

アップデート中のiphoneはかなりデリケートですので、取り扱いには注意が必要です。