iphoneのアップデートよく起こる不具合とは?

iphone アップデート 不具合

 

スマホという言葉を知らない人はいないのではないか?

 

というほど、世の中に浸透してきていますね。日常生活がますます便利になるだけでなく、誰でも操作しやすいという点でも嬉しいものです。

 

スポンサーリンク

 

スマホの中でも人気があるiphoneですが、度々アップデートを求めらることがあります。

 

このアップデート自体はそこまで難しいものではなく、操作も簡単に行うことができます。

 

しかし、不具合が発生して完了する前に強制終了することも少なくないようで、困ってしまう人も多いようです。

 

なぜiphoneのアップデートでは不具合が発生して、正常終了をしてくれない場合があるのでしょうか?

 

その原因について考えていきます。

 

 

どういった不具合が報告されているの?

 

iphone アップデート 不具合

 

iphoneのメジャーアップデートをしたときに生じる不具合。

 

実際にどんな不具合が報告されているのでしょうか?もっとも多いのが「電池消耗が激しくなった」というものです。

 

スマホは元々電池消費が激しいのですぐに充電が終わってしまいます。それがさらに激しくなったとしたら不便になってしまいますね。

 

スポンサーリンク

また指紋認証が効かなくなったり、siriの使用で強制再起動が発生したりと、iphoneのメジャーアップデートを行うと様々な不具合が生じているようです。

 

 

アップデートを何回も繰り返して不具合を解消

 

iphone アップデート 不具合

 

アップデートはかなり大規模な作業になります。

 

ユーザーが何か特別な操作をするワケではなく、iphoneが勝手に更新してくれるのですが、数時間かかる長丁場の中で様々な邪魔がiphoneに襲いかかることが考えられます。

 

たとえば、知らない間に電源供給ができておらず、電源不足により正常に終了できず不具合が生じてしまったり、誤ってiphoneを落としてしまいエラーとして終了してしまい、そこから電源を起動させることすらできなくなり故障するような不具合が発生したり・・・。

 

数えればキリがありませんが、アップデート中に不具合が起きて正常終了できないことは、けっこうありそうだということが分かっていただけたかもしれません。

 

また、何も外部からの妨害はしていなくても、たまに不具合が発生し正常にアップデートできずに終了してしまうこともあります。

 

この場合の不具合を特定することはほとんど不可能なので、何回かアップデートを繰り返す必要があります。

 

それでもダメでしたら一度サポートセンターに相談してみるのが良いでしょう。

 

 

iphoneのアップデートは何も問題が無く終了するのが当たり前という感覚捨て、何が起きても良いようにバックアップだけは作成しておきましょう。