iphoneのアップデートで写真が消えるときの対処法

iphone アップデート 写真 消える

 

iphoneでは、iOSのバージョンアップに伴うメジャーアップデートが度々起こります。

 

これはアプリのアップデートとは違い、システムそのものを変更するのでかなりの時間がかかります。

 

そしてこのアップデートはエラーが発生し中身の写真などのデータが消えてしまうことも考えられるのです。

 

今回は、アップデート中に写真が消えてしまった場合の対処方法について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

まず、アップデートのやり方を見直す必要があります。

 

今のところiphoneのアップデートは、iphone本体から行う方法と、itunes経由でパソコンから行う方法の2種類があります。

 

どちらも手軽に出来て便利ですが、itunes経由でのアップデートのほうがより確実であると言われています。

 

実は、itunesにアップデート情報が最初にダウンロードされるので、その大元から更新作業をしたほうが良いだろうという考えです。

 

もちろんiphoneでwi-fi環境時で行う方法でも良いのですが、確実性を求めるならパソコンを使ってアップデートするほうが、エラーが少なく写真も消える可能性もグっと少なくなるでしょう。

 

iphone アップデート 写真 消える

 

正直、iphoneのアップデートでエラーが発生したら、ユーザー側はどうすることもできません。

 

失敗して何度かトライをするくらいならできますが、勝手にリカバリーモードに突入して初期状態になってしまう現象に見舞われたら、もうどうすることもできないのです。

 

そのため、エラーが発生してから何か手を考えていては遅いわけです。

 

写真データが消えてからあたふたしていても、どうすることもできないので、もしそうなっても良いように事前に作戦を考えておくのがベストです。

 

スポンサーリンク

 

アップデートで写真が消えたときの対処法の2つ目は、「パソコンに写真を保存しておく」ということです。

 

パソコンとiphoneを接続します。そして「スタートメニュー」>「コンピュータ」>「iphone」の順番にクリックしていくと、iphoneの中身を閲覧できるようになります。

 

そこに「カメラロール」のファイルがあるのでクリックして、中にある写真データを全てコピーして、パソコン側で作成した任意のファイルに貼り付けすれば完了です。

 

こうしておけば、iphoneのアップデート中に写真データが消去されたとしても、慌てることなく復元ができるでしょう。