iphoneのアップデートができない場合の対処法

iphone アップデートできない 対処法

 

iphoneを利用しているとあまりの便利さに我を忘れて無我夢中で操作している自分に気づくかもしれません。

 

仕事で旅行先でと大活躍なことは間違いないので、理解できる人も多いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

そんなiphoneですがアップデートという機能があります。

 

時々操作をすることで最新バージョンのiOSになるので新機能を使うことができます。

 

しかし、アップデートができないと嘆く人がいることも確かです。なぜアップデートをすることができないのでしょうか?

 

 

アップデートできない場合は違う方法を試そう

 

iphone アップデートできない 対処法

 

iphoneのアップデートは、wi-fi環境であればiphone本体があればアップデートを行うことができます。

 

もしそうでなければ、itunesを使ってパソコンから更新する方法もあります。

 

この2種類があるということを知らない人も案外多いようで、wi-fi環境じゃないからどうすることもできないと考えてしまう人もいるようです。

 

アップデートが出来ないと悩んでいる人は、この「環境が整っていないからどうすることもできない」という場合を想像している人が多いかもしれません。

 

アップデートはパソコンからでも更新することができるので、しっかりとそのことを判断し把握しておくことがとても重要です。

 

スポンサーリンク

 

アップデートできない場合には、アップデートができる環境がいったいどういったものなのかを認識しておくのが重要です。

 

現段階では、上記で記したように2種類の方法が用意されているので、片方で無理だった場合は、違うアップデート方法を試してみるなどしてみてはいかがでしょうか。

 

 

再度アップデートを行う

 

iphone アップデートできない 対処法

 

iphoneのアップデートは数十分から数時間必要になることが多いです。その間に色々な情報を更新していくので、どこかが不具合が発生した場合には、エラーが表示されアップデートできない状態になることがあります。

 

そんなときは再度アップデートを行うようにしてください。何度もトライをすることで、その問題を解決することができるかもしれません。

 

また数時間かかるアップデート最中に、iphoneを落としてしまうなど外部から衝撃を与えると、iphoneの更新がストップしてしまうこともあります。

 

長時間は操作できないことを考慮に入れたタイミングで操作を行うことが求められるのです。