iphoneのアップデートに失敗したらまずやってほしい事

iphone アップデート 失敗 復元

 

iphoneでは新しいiOSにするためにバージョンアップをすることがあります。

 

このときはユーザーがアップデートのための準備と実行をしなければなりません。その準備にはバックアップがあります。

 

スポンサーリンク

 

iphoneのアップデートが万が一失敗してしまった場合に備えて、復元できるようにしておかなければなりません。

 

ここでは、復元するための準備方法について紹介していきます。

 

iphone アップデート 失敗 復元

 

iphoneのメジャーアップデートでは、更新完了するまでに数十分から数時間ほど時間がかかります。

 

その間に何かしらのトラブルが発生して、アップデートが完成しなかった場合に内部データが破損してしまう恐れがあります。

 

すると、今まで使っていた電話帳や写真、動画などの大切な思い出が全て無くなってしまうわけです。

 

アップデートは失敗することがあり、そういった状態に陥った場合に備えてiphoneには「復元」という最終手段が残されています。

 

スポンサーリンク

 

アップデート時にトラブルが発生して、中身データが全て吹き飛んでしまった場合には、復元という方法を使って前回バックアップ時にまで戻ることができます。

 

復元はバックアップファイルがあるパソコンやicloudに接続すれば自動的に行われるので難しいことではありません。

 

万が一という事態に備えることは必要ですから、復元という選択肢を忘れないようにしてください。