iphoneのテザリングでデータ制限オーバーしたときの対処法

iphone テザリング 制限オーバー 対処法

 

iphoneの新機能として「テザリング」があります。

 

これはPCなどがネット環境に繋がっていないときに、iphoneのネット機能を共有させて使えるようにする機能です。

 

使いこなせばかなり便利ですから多くの人が利用しています。

 

スポンサーリンク

 

しかし注意しなければいけないのは、このテザリングをすると通信制限である7GBをあっという間に超えてしまうことです。

 

かなり容量のあるファイル、動画などを読み込まなければ問題はありませんが・・・。

 

今回は、iphoneのテザリングでデータ制限を超えてしまった場合の対処法について紹介していきます。

 

iphone テザリング 制限オーバー 対処法

 

各携帯会社によって対応は異なりますが、基本的に1ヶ月のデータ通信利用が7GBを超えると、通信速度に制限がかかります。

 

auを例にとってみると、LTEは一般的に75Mbpsの速度が出ることになっているのですが、制限を越えると、128Kbsの速度になります。

 

単純計算で1/600の速度しかでないので、かなり困ることになります。

 

対処方法としては、携帯会社に連絡して追加の通信容量を購入することになります。基本単価は2GBで2000円程度です。

 

スポンサーリンク

 

それ以降についても順次販売していますし、最初のプランを変更することで、13GBまで制限されないなどの設定をすることもできます。

 

しかし、毎日のように動画を視聴しなければ、そうそう7GBを超えることはありません。

 

ただ、iphoneでテザリングをしているとなると話は別です・・・。

 

もし頻繁にテザリングをするならば、最初の設定を見直すのが一番の対処法になるものと考えられます。

 

 

今のところ、iphoneのテザリングで制限を越えてしまった場合には、追加で容量を購入するという方法しか対処法はありません。