iPhoneに迷惑メールが大量に送られてくる原因とは?

iPhone 迷惑メール 送られてくる原因

 

日本でもiphoneを利用しているユーザーはとても多いことが言われています。

 

未成年者でも当たり前のようにスマホを持っている時代、迷惑メールは保護者にとってかなり心配の種になっていることでしょう。

 

そもそも、iphoneで迷惑メールが送られてくる原因は何でしょうか?

 

どこか怪しいサイトに入ったワケでもないし、会員登録などもしていない。それなのになんでメールアドレスがバレてしまっているのでしょうか?

 

今回は、iphoneに迷惑メールが送られる原因についてご紹介します。

 

iPhone 迷惑メール 送られてくる原因

 

迷惑メールが送られるということは、悪意のある人に自分のメールアドレスがバレてしまっていることを表します。

 

その漏洩経路としては「宣伝広告をタップした」「アダルトなサイトを閲覧しウイルスの進入を許した」「相手が無作為にメールアドレスに送信している」という3つが主だといわれています。

 

スポンサーリンク

 

その中でも特に多いのが「宣伝広告をタップ」です。実は最近は会員登録などをしなくても、サイトに踏み入れるだけでバレにくいウイルスに感染してしまう場合があります。

 

そこからメールアドレスなどの情報が漏れて、迷惑メールを受信することになるのです。

 

もし、悪意のある業者や個人に情報が行き届いているならば、完全に消去することはできません。

 

転売などが繰り返され取り返しの付かないことになっている可能性が高いのです。そのため、迷惑メールは無視をすることが一番です。

 

iphoneに当たり前のように来る迷惑メール。

 

気になって仕方ない人は拒否設定などができますが、原因を知っているならばもうアドレスを変えるか、無視するのが手っ取り早いでしょう。