iphoneの電話帳をバックアップする方法

iphone バックアップ 電話帳

 

仕事やプライベートで欠かすことができない存在になったのが、iphoneですね。

 

電話帳には上司や部下、さらには友人の連絡先などが載っているので、消去されたら困ったことになりますね。

 

そんな時に備えて日頃からバックアップを取ることが求められるのです。

 

そこで今回は、iphoneにある電話帳をバックアップする簡単な方法についていくつか紹介していきます。

 

 

itunes経由でパソコンに電話帳を保存する

 

iphone バックアップ 電話帳

 

一番確実で多くの人が取り組んでいるバックアップ方法といえばitunesですね。

 

パソコン本体にiphoneのデータを保存することで、iphoneが壊れてしまった場合にはすぐにでも復元することができるようになるのです。

 

itunesにiphoneの電話帳をバックアップする前にiphone本体と、itunesそれぞれで前提次項を行う必要があります。

 

スポンサーリンク

 

まずiphoneでは「icloud」の連絡先の自動同期をオフにしておきます。

 

これがオンになったままだとエラーが発生してitunesに保存することができなくなってしまうからです。

 

設定方法としては「設定」>「icloud」>「連絡先」の順番で選択し「連絡先」をオフにします。

 

 

次にitunesでの設定です。

 

iphoneとパソコンを繋ぐまえに「自動同期」がオフになっていることを確認しましょう。

 

これがオンのままだと壊れたiphoneの現状と同期してしまうので、以前バックアップしていたものが台無しになります。

 

必ずオフにしていることを確かめましょう。

 

iphone バックアップ 電話帳

 

それができたら、iphoneとパソコンをUSBで繋ぎます。

 

そしてitunesの画面にある「いますぐバックアップ」を選択してバックアップを開始します。

 

完了したらitunesの画面にある「情報」をクリックします。

 

そして「連絡先の同期先」にチェックを入れましょう。

 

すると「切り替える」か「キャンセル」を選択する画面になりますので。「切り替える」をクリックします。

 

これでパソコンに電話帳が保存されました。

 

確認するには、スタートメニューから「ユーザー名」を選択し「アドレス帳」をクリックします。

 

すると同期した情報が記載されています。

 

 

アプリを使って簡単にバックアップ

 

iphone バックアップ 電話帳

 

最近はiphoneの電話帳バックアップに特化したアプリが次々に登場しています。

 

中でも最近人気が高いのが「連絡先バックアップ」という名前のアプリです。

 

もちろん無料でインストールすることができるので、持っておいて困ることはないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

iphoneで使えるこのアプリの特徴は、電話帳データをGmailに取り入れることができるので、メールとして保存ができます。

 

最近はGmailを利用している人は増えているので、いつでもどこでもアクセスできる手軽さが良いですよね。

 

iphone バックアップ 電話帳

 

またこのアプリでは、アドレス帳をPCで一括編集もできちゃいます。

 

前項の方法よりも、アプリを使ったほうが簡単なので、初心者の人は「連絡先バックアップ」というアプリを使ってみるのもよいでしょう。