iPhoneに登録されている連絡先をバックアップする方法

iPhone バックアップ 連絡先

 

iphoneは非常に便利な道具になってきました。

 

仕事でも遊びにも大活躍の一台で手放すことができないと感じている人も多いのではないでしょうか?

 

そんな大切なiphoneですから、連絡先のバックアップは常に考えておきたいところです。

 

そこで今回は連絡先のバックアップ方法についてご紹介していきます。

 

 

連絡先バックアップには2種類の方法がある

 

iPhone バックアップ 連絡先

 

iphone内にある連絡先をバックアップする方法は大きく分けて「パソコンに保存」と「アプリを使ってバックアップ」の2種類があります。

 

アプリを使ったほうが簡単ですが、パソコンでiphone全体をバックアップしつつ、連絡先だけは別途保存したい場合などにはパソコンを使う方法を利用したほうが便利です。

 

今回は、この二つの方法について紹介します。

 

 

パソコンを使ってバックアップを行う

 

iPhone バックアップ 連絡先

 

iphoneはちょっとしたことで、保存データが消去してしまうようなショッキングな事態になります。

 

常日頃からバックアップについて考えておくことが望ましいのですが、中々忙しかったりしてバックアップができないこともあるでしょう。

 

しかし、仕事やプライベートにおいて大事な連絡先はどうしても守っておきたい情報ですよね。

 

そこでパソコンを使って連絡先をバックアップしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

まずはiphoneにおいて「設定」<「icloud」の順番でタップし、連絡先の同期をオフにしてください。

 

すると「iphoneに残す」という項目が選択できるようになるので、それをタップしておきます。

 

次にパソコンにインストールされているitunesの設定です。

 

itunesをたちあげて左上にある「設定」アイコンをクリックします。

 

そしてさらに「設定」を押して、「iphoneを自動的に同期しない」にチェックをいれておきましょう。

 

iPhone バックアップ 連絡先

 

では次にパソコンに連絡先の情報をバックアップしていきましょう。

 

iphoneをパソコンに接続し、itunesの画面から「iphone」をクリックします。

 

そして「いますぐバックアップを作成する」をクリックします。

 

スポンサーリンク

 

バックアップが終わりましたら、itunesの「情報」という項目を選択し「連絡先の同期先」にチェックを入れてください。

 

最後に「切り替える」をクリックすることで、パソコン内に連絡先を保存することに成功しました。

 

最後に確認をします。スタートメニューから右上にある「ユーザーアカウント」をクリックし、「アドレス帳」をクリックします。

 

そうすると、iphone内にある連絡先が登録されているでしょう。

 

 

アプリを使って連絡先をバックアップする

 

iPhone バックアップ 連絡先

 

アプリを使うことで、連絡先を簡単にバックアップすることができます。

 

最近話題になっているのが、「連絡先のバックアップ & エクスポート & インポート」というアプリです。

 

名前でどういったものか予想することができると思いますが、連絡先情報をすぐにパソコンに送ることができます。

 

形式もExcelやGmail、outlookなど多数用意されていますので、自分に合う方法を選択できます。

 

バックアップというよりかは、パソコンに連絡先を保存させておくような仕組みになるのですが、もしiphoneに不具合が発生した場合は、パソコンに保存されている情報をすぐに復元として取り入れることができるので非常に便利です。