iphoneに保存されてる写真をバックアップする方法

iphone 写真 バックアップ

 

iphoneをデジカメ代わりに使っている人も多いでしょう。

 

最初から付いているカメラの画質は年々向上しているので、iphoneだけでまったく問題を感じることができなくなりました。

 

それだけ便利になってきているのです。

 

そのため、iphone内部には多くの写真で埋め尽くされている人もいることでしょう。

 

それらが万が一の故障で消去されてしまったらかなりショックな目にあいます。

 

そんなときにバックアップをすることが求めれるのです。

 

今回は、iphone内にある写真をバックアップするいくつかの方法をご紹介していきます。

 

 

パソコンを使ってバックアップする

 

iphone 写真 バックアップ

 

iphoneの写真をバックアップする一番簡単な方法は「パソコン内部に保存する」ことです。

 

ただし、これは当然のことながらパソコンがなければ出来ませんので、持っている人のみがこの方法を使ってください。

 

パソコンを持っていない人は次項で説明する方法を参考にしてみると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

それではパソコンを使ってiphoneの写真をバックアップする方法について説明していきます。

 

まずは、iphoneをUSBでパソコンに繋ぎましょう。接続が完了したら、デスクトップの一番左下にある「スタートメニュー」をクリックします。

 

そして「マイコンピュータ」を選び「スキャナとカメラ」に表示されている「iphone,ipad」をクリックします。

 

iphone 写真 バックアップ

 

するとiphone内にある写真フォルダを確認できるので、全てを選択してコピーします。

 

そうしたら、自分が分かりやすい場所に「iphone写真バックアップ」のような適当な名前をつけたフォルダを作成し、そこに「貼り付け」を行います。

 

単純にiphone内にある写真データをコピーしてパソコン内に貼り付けをしただけです。

 

たったこれだけですが、大事なデータを複製できています。つまりバックアップは完了です。

 

 

iphoneのicloudで写真をバックアップしよう

 

iphone 写真 バックアップ

 

上記の項目ではパソコンがある場合の紹介でした。では、パソコンを持っていない人は写真をバックアップすることはできないのでしょうか?

 

もちろんそんなことはなく、パソコンを持っていない人でも手軽に写真をバックアップすることは可能です。

 

では、どうやっていくのかその方法について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

iphoneには「icloud」と呼ばれるクラウド上で保存できる領域があります。

 

ここは5GBまでなら無料で様々なデータを保存することができ、新しいiphoneでもIDとパスワードさえ入力すれば簡単にアクセスすることができるのです。

 

iphone 写真 バックアップ

 

方法はiphoneのホーム画面から「設定」>「icloud」>「ストレージとバックアップ」の順番でタップしていきます。

 

ここで「icloudをバックアップ」をオンにすることでバックアップをする準備が整います。

 

このまましても構いませんが、写真だけを保存したい場合には「ストレージとバックアップ」の「ストレージを管理」を選択します。

 

ここでは、どのデータをバックアップするかカスタマイズすることができるので、「カメラロール」以外のチェックを外せば、カメラロール内のデータだけを保存することができるのです。

 

iphone本体だけでバックアップを取ることができるようになったので、非常に便利になりましたね!