iphoneをアップデートする前のバックアップ方法

iphone アップデート バックアップ

 

iphoneではiOSと呼ばれるシステムを使用しています。googleが開発したスマホではアンドロイドなどと言われていますが、あれと同じです。

 

スマホを起動させるのに必要な基本的な性能を表しています。

 

このiOSですが、どんどんと進化しており新しいiOSへのアップデートなどは頻繁に行われます。

 

しかし、アップデートしている最中にトラブルが発生し、内部データが消えてしまったり壊れて動かなくなってしまうなどの問題が発生しています。

 

そのためアップデートする前に必ずバックアップを取っておきましょう。

 

今回はアップデートをする前にやっておきたいことを説明していきます。

 

 

バックアップを最新の状態に更新する

 

iphone アップデート バックアップ

 

せっかく新しいiphoneのiOSになったのに、中身が消えてしまったのでは意味がありません。

 

トラブルに見舞われても困らないように、バックアップ状態を最新に更新しておきましょう。

 

なお、バックアップはパソコンのitunes経由で行うことをオススメします。

 

スポンサーリンク

 

iphoneに搭載されているicloudでバックアップをしていた場合には、復元までに相当な時間がかかりますし、容量がオーバーしてしまった場合にはバックアップすらできなくなってしまうからです。

 

最新の状態かどうかを確認するには、itunesを開き、自分のiphoneを選び、「概要」から「バックアップ」、「今すぐバックアップ」をクリックしておけば現時点での状態を保存させることができます。

 

 

iphoneデータの断拾離をしておく

 

iphone アップデート バックアップ

 

iphoneのiOSアップデートをするときには「最適化」がされることがあります。

 

これは新しいiOSでもアプリや写真、動画などがスムーズに再生できるようにする処理のことです。

 

スポンサーリンク

 

このときに全然使っていないアプリや容量の大きいアプリなどがあると最適化に時間がかかってしまいます。

 

ただでさえ、アップデートするにはかなりの時間が必要になるのに、最適化まで時間がかかってしまっては中々終わらずに不便だと感じるかもしれません。

 

そこで、iphoneをアップデートする前にいらないデータは削除し、不使用なアプリはアンインストールしておきましょう。

 

その状態でバックアップをとっておけば安心です。

 

 

パソコン経由でアップデートをしよう

 

iphone アップデート バックアップ

 

iOSのアップデートはiphoneだけでも「設定」から「一般」を選択し「ソフトウェアアップデート」をタップすれば自動的に行ってくれます。

 

しかし、iphoneだけではかなり時間がかかるので、パソコンを使ってitunes経由で行うのが良いでしょう。

 

パソコン経由だとアップデートは比較的すぐに終わる上、何かトラブルがあった場合にはすぐにバックアップから復元させることができます。

 

itunesで自分のiphoneを選び選択に沿ってクリックしていくだけで、アップデートができるのでパソコン経由で行ったほうが便利です。

 

iphone アップデート バックアップ

 

iphoneのアップデートは必ずバックアップを最新の状態にしてから行うようにしておきましょう。

 

トラブルが付き物ですから、万が一に備えておくのは大事なことです。