iphoneのバックアップのやり方はとっても簡単!

iphone バックアップ やり方 簡単

 

バックアップ。この言葉を知ってはいるが、小まめに行っている人は少ないのではないでしょうか?

 

万が一という事態はそうそう起こるものではないし、「自分に限っては大丈夫」と考えている人もいるかもしれません。

 

しかし、iphoneのバックアップのやり方はとても簡単なんです!

 

主に2種類の方法がありますので、そのやり方について説明していきます。

 

 

iCloudを使ってバックアップしよう

 

iphone バックアップ やり方 簡単

 

最初にご紹介する方法は「iCloud」の設定を使ったバックアップ方法です。

 

iphone本体だけあれば出来るのでとても手軽ですが、wi-fi環境がないとできませんし、iCloud自体にバックアップできるだけの容量がなければ意味がありません

 

スポンサーリンク

 

iCloudはネットワーク上にあるデータ保存領域を指しており、本体が壊れたとしても、そこに接続することができれば元々のデータを簡単に移行させることができるのです。

 

ただ、一人あたりに割り振られている容量は決まっているので、iphoneデータがそれを超えるようであれば全部を保存させることができないので注意が必要です。

 

ではさっそくiCloudを使ってバックアップする方法を見ていきましょう。

 

iphone バックアップ やり方 簡単

 

最初にiphoneから設定を行います。ホーム画面を表示させ「設定」を選択し「iCloud」をタップします。

 

すると[Apple IDとパスワード]を入力する画面になりますので、Apple IDを使ってログインをします。

 

ログインが完了したら「ストレージとバックアップ」をタップし、「iCloudバックアップ」をオンにして「今すぐバックアップを作成」をタップします。

 

スポンサーリンク

 

するとバックアップ画面が表示され、しばらく待つと完了します。

 

本当にバックアップできているのかを確認するときには、画面一番下部に「前回のバックアップ」として時刻が表示されます。

 

表示されていればこれだけでバックアップは完了です!とても簡単ですね。

 

 

itunesならさらに簡単に!

 

iphone バックアップ やり方 簡単

 

次に紹介する方法は、itunesを使ってパソコン上にiphoneデータをバックアップするものです。

 

こちらは、iCloudに比べると若干手間がかかりますが、wi-fi環境じゃなくても問題ないことと、パソコン上に容量があれば問題ないので、最近のパソコンを使うのであればほとんど容量で困ることはないでしょう。

 

方法としては、まずパソコンを起動し「itunes」を開きます。

 

そこからすぐにバックアップはできませんので、itunesの初期設定を行っていきます

 

iphone バックアップ やり方 簡単

 

itunesを起動し、画面上部右側にある「iphone」という項目をクリックします。

 

するとiphoneについての設定を行う画面になりますので、「このコンピュータ」という項目をクリックして、パソコン上にデータを保存することを指定します。

 

ここまでできたら、iphoneをPCとつなぎ、itunesを開きます。

 

itunes画面の上部右側にある「iphone」という項目をクリックすると接続しているiphoneの情報を見ることができます。

 

自分が使っている機種になっていれば、画面下にある「同期」をクリックします。これでバックアップは完了です!